top of page
  • nobichank80

介護職員初任者研修13日目


皆様ごきげんよう スタッフNです。


講習も残り少なくなりました。

本日は14日目にある実技の演習確認(実技試験)の最終チェックがありました。課題2つのうち今回は一つだけをご紹介します。


1️⃣右麻痺のある利用者さんがベッドから起き上り、ベッドの端に座って靴を履いて立ち上がる。そして車椅子へ移乗。車椅子でトイレに行き、排泄。

その一連の流れを介助。


これが試験内容となります。


上記の内容を介護用語で、さらにポイントを加えて言うと…

右麻痺のある利用者さんに挨拶し、これから行う事の説明と同意を得、仰臥位から側臥位へ、そして上体を起こして安定の端座位と姿勢にし、体調をその都度確認しながら、端座位から靴を履いて立位へ、その後、車椅子へ移乗しトイレまで行き、尊厳に配慮しながら排泄介助。車椅子の正しい取扱いと、利用者さんの患側を保護しながら安全に留意する。

考え方や価値観は利用者さんが主体となり、自己決定や自己選択を大事にし、常に声かけは忘れない…


と言った感じでしょうか…🤣


本当に、気をつけなければいけないポイントがたくさんあって、慣れないととても大変です。それらを気をつけながらも学んだ介助技術を使ってサポートしていかなくてはなりません。


そして介助とは、

『自立支援』が大きな意味を持つため、残存能力は出来るだけ生かしたサポート(出来る事に手を出してはいけない、見守り)が必要となります。


試験まで1週間、しっかりノートにまとめて頭を整理して臨みたいと思います。


ベストを尽くすぞ!


閲覧数:32回2件のコメント

最新記事

すべて表示

2 Comments


まゆみ 秋葉
まゆみ 秋葉
Mar 21, 2023

すごい!

記事を書くことで、アウトプットできてますね。

頑張ってください(^_^)v

Like
nobichank80
Mar 21, 2023
Replying to

ありがとうございます。最近介護職員による利用者への暴行事件が多くなっている為、試験も難しくなっているとか。昔はこの資格、落ちる人なんていなかったと思いますが、今は違うみたいで、ビビってます。😅

Like
記事: Blog2_Post
bottom of page